teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
  2. 詠呟句集(22)
  3. 詠正句集(17)
  4. 貞子(4)
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おはようございます。

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 4月23日(日)11時52分36秒
返信・引用
       <山菜採り>
 セリ、ゼンマイ、ワラビ、ウド、コシアブラ、コゴミなどの山菜は今が旬です。その他にも地域によって沢山の山菜がありますが、私の家の周辺で採れるのはこんなものが主です。
 東北地方では熊笹をかき分けて根曲がり竹の子採りに行ったものですが、熊さんと鉢合わせることもあるので極めて危険な山菜採りになります。
 今日は早めに家を出て、近くの里山へワラビを採りに行ってきました。既に昨日に先客があったようなので、写真のぐらいの収穫でしたが、これでも3軒分ぐらいの量になります。 沢山食べると癌になると言われるワラビですけど、夫婦揃って癌の病歴があるので、今更ビクビクは致しませんね   www
 
 

若葉の候になりかけました

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 4月22日(土)10時52分26秒
返信・引用
  若葉が夏か春か微妙。
相変わらずのご無沙汰です。

限りある命に拾ふ春落葉  やはり余命を宣告されたような人の句になるのかなあ。
春の落葉の切りがないので行ってみたけど余命20年では無理がありますか。
引っかけて、調べたわけでもないので決めつけられないけど、利休がもてなしの庭を掃かせて
また新しくできた落ち葉を掃こうとすると樹をゆすって葉を落としこのほうが風情があると言ったとか、そうならなんかあざとい気もする。再度掃こうとするのを止める位なら成程と思うけどなあ。私にも変な癖があって落葉を拾うとき樹をゆすることはしない。あくまで落ちたものを拾うだけ。揺するのは栗拾い。
 

春爛漫

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 4月15日(土)16時54分24秒
返信・引用 編集済
   地区の各所で4tもある山車を引き回す春祭がたけなわです。 住吉区の「ちんとろ祭」は先週終わりましたが、今週は岩滑地区や協和地区などが賑やかになっております。
 家の前の学校は入学式が済んだばかりですが、校門から入った所のソメイヨシノは現在満開。花見の場所じゃないので花莚を敷く人は流石にありませんけど、道行く人々が「綺麗だねえ」と語り合いながら通り過ぎて行きます。 隣人がこの間引っ越して九州へ行ってしまったけど、まだ誰も住んでいないお屋敷の垣根はアカメガシワの真っ赤な新芽が出揃って美しい景観を見せております。 数枚 写真を掲載させて頂きましょう。
 

あ~~あ 詠呟さん

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 4月14日(金)16時42分49秒
返信・引用
   明日は俳句会じゃないよお~~ 1週間あとだってばあ  

兎に角

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 4月14日(金)13時05分2秒
返信・引用
  10句になったぞ 追加の句はできるかな
何か1円5円をかき集めて支払い済ませる感じ
 

やれやれ

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 4月14日(金)13時01分45秒
返信・引用
  歯医者で小一時間歯をいじられた。憂鬱。
パソコンはなんかしらん平仮名入力ができない時がある。
これも鬱陶しい。

散り敷きし辛夷の日毎くろずみて

繋ぎ得ぬ命を憶う花見かな

橋上に花びらを撒く子らに交ず

遠山のばうと霞て暮れ行けり

島の根へさざなみ寄する春の海

丹後路の海の駅なり初燕

山椒の芽ぶき嬉しき朝かな

小走りに春の筍持ちきたる

夕ざくら西の空へと伸びにけり

ケータイに人呼び寄せる花見かな

 

アイビーさん入選

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 4月12日(水)06時08分51秒
返信・引用
   中日新聞:中日俳壇に入選  おめでとうございます。

最近掲示板に顔を出してないけど、町内会長の仕事が忙しいんだろうなあ 

       ご苦労さまです。
 

帰国

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 4月 3日(月)06時46分18秒
返信・引用
   ミャンマーから沢山の洗濯物入り鞄を引っ張って女房が帰宅しました。 アンコールワットをメインとする妹との珍道中だったようで、その様子はデジカメにばっちり写ってました(二人とも寝ている時に内緒で見た www)。 ポルポト派によって史上稀なる大虐殺と国を破壊されたミャンマーですが、順調に回復しているようですが、まだまだ生活が困窮している人々も沢山いるようです。  おいおい土産話を聞かされるでしょう。  

昼過ぎから雨

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月31日(金)08時07分29秒
返信・引用
   じゃが芋の芽が全部出揃いました。温室のポットへ撒いた種(瓜、南瓜、ズッキーニ、トウモロコシ)も発芽してますが、まだ定植するまでには大きく育ってません。 夏型の野菜である代表格の茄子、トマト、ピーマンは流石に発芽してなくて、桜が満開になって外気温が高くならなければ駄目のようです。
 梅の花は殆ど終わってますが、まだ「青い実」は見えておりません。
ということで  しりとり用の句は

    半日を畑に遊び南瓜の芽
 

やらなきゃいけないこと。

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月27日(月)07時17分7秒
返信・引用
   一人でいるからとのんびり過ごしていても、毎日やるべきことはありますね。
炊事(作る、食べる、洗い、片付け)、洗濯(洗濯、干す、取り込み、畳む)、掃除、風呂(掃除、入浴)、買い物、畑、来客対応、新聞、郵便、宅配、新聞屋の集金などなど
 これだけ色々のことがあるのに、自分(亭主)は何をやっているのかを調べてみたら、太字の分だけしかやっていないことに気付きました。 矢張り少しは女房の手伝いをしてやらないと可哀想だ。 無職だからと全部を女房任せにしちゃいけないですねえ。  www
 
 

ふぁ~~

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月24日(金)08時12分7秒
返信・引用 編集済
   かあちゃんが外国へ飛んで行っちゃったわ。 妹と一緒だけど、今日から10日間。
朝は納豆と味噌汁。昼はチキンラーメン、夜は吉野家の牛丼。 これを続けていけば
何とか生きておれるだろ。 畑と風呂と洗濯だけはやらにゃなるまい。

  ということで、もう夕方だ。
朝は納豆と味噌汁の予定通りで始まったけど、畑に行ったあとの昼飯はチキンじゃなくちゃんぽん麺、夜はまだ食べておりません。 もしかしたら このまま寝るかも
 息子が帰ってくるから洗濯だけはやった   風呂は無し

      今日の一日はこれで終わりじゃい
 

失敗!

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月22日(水)19時54分30秒
返信・引用
   詠呟さんの句と今日三さんの句を取り違えておりました!

 修正して改めて送ります。 申し訳ありません。 ボケてきたようだ。  
 

world baseball classic

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月22日(水)09時39分52秒
返信・引用 編集済
   米国との準決勝戦がいよいよスタートします。 今日はテレビにかじりついて全部見てやろう。

       う~~ 残念!  1:2

http://

 

作品展

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月20日(月)07時01分25秒
返信・引用 編集済
   土・日の二日間行われた文化協会:文芸部:作品展は盛況のうちに終了しました。 例年は色紙を二段構えで展示するだけでしたが、今年は上部へ色紙、下部には二段構えで創設70周年記念句集を展示しました。 句集へはフンダンに挿絵を入れてますが、これに水彩での色付けをしました。 ボリュームがあるので じっくりと見ては頂けませんでしたが、時期の花も飾って立派な作品展となりました。  皆さん ありがとうございました。

 画面を上でクリックすると、少しだけ画面が拡大表示されます。
 

こんばんは

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月18日(土)18時49分44秒
返信・引用
   町内会長、70周年記念、俳句会、作品展が全部重なってヒーヒーでした。
せめて詠呟さんが2日か3日 早めに出してくれれば少しは余裕があったのですが、朝にPCを開けて見なきゃ分からない状態で・・・・・
 ま いいか   ともかく俳句会の開催時間前には届いております。

   これから 宜しくお願いします。  少し早めで・・・   wwww
 

又またやっつけ

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 3月17日(金)20時53分3秒
返信・引用
  諍はず散歩終へたり春の月

頂は厚みも見ゑて春の雪

雛出さぬままの二人や夜の雨

畦を焼く煙を避けし散歩かな

遅々として進まぬ畑日は永し

一人居の面倒なれば目刺焼く

喘ぎても坂道をとる梅見かな

慌し風船の子の手も足も

風下へ力いっぱいシャボン玉

先立ちし友二三人春の夢

冠のまた傾きし男雛かな
 

おみやさんの死去

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月16日(木)07時53分56秒
返信・引用
   渡哲也の弟で「十津川警部」「おみやさん」などで活躍していた渡瀬恒彦氏が14日、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。72歳。 自分の周りでも昨年から今年にかけて自分より若い人を含めて沢山の人の「死」を見てきたが、七十路になって殊に こういうことに敏感になってきた。
「ま 誰にでもやってくることだから」と最近では聞き流すようにしているけれど、如何にして命を永らえるようにして生活するかに心を砕くようになったことは確かだ。 高齢になって転んで怪我をすると「寝たきりになる」と言われているので、慌てず、急がずに徹することにしている。 
 

さて

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月14日(火)18時06分1秒
返信・引用
   町内会引き継ぎの多忙さの連続で、肝心の俳句会へ出すような句が全く出来ていないよ。
既に今日三さんからは投句が送って来ているけど、金曜日は文化協会の作品展の搬入作業、
次の日は俳句会、翌日は作品の搬出と めちゃスケジュールが混み合っている。
 これじゃ俳句会では どん尻になっちゃうかも。  今晩と明日の晩方、眠っている時
に出来た句を取り揃えるしかなさそうだ。  困ったぞお~~~
 

終了!

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月13日(月)08時22分47秒
返信・引用
   全ての引き継ぎは無事終了しました。  

乗り切れるかどうか

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月10日(金)10時36分42秒
返信・引用
   平成29年度の町内会役員への引き継ぎ作業が大詰めに入って、明日、あさってに4つの作業が重なっている。 この一年間で相当のエネルギーを使ってきたが、最後の大きな正念場。
 引き継ぎ資料や受け渡すグッズなどは全部揃ったが、一年の総決算なので、最後の最後に「突き上げ」や役員内からの造反が無ければ役目が終了することになる。
    大丈夫だろうとは思うけど、心配。 でも頑張るっきゃないわい!

 それにしても町内会長というのは厄介な任務だ。俳句会よりかなり難しい。  はははは
 

掲示板の人気

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月 8日(水)06時41分31秒
返信・引用
  一般向けに開放している掲示板なのに、新樹俳句会以外の人が誰も来ない。
来ないほうがいいのか、沢山来て「ぐちゃぐちゃ」になるのが良いのか 考えるところだなあ。
 

震災忌が来る

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月 4日(土)07時32分55秒
返信・引用
   3月11日の東日本大震災忌が近づいてきた。 記念号にも書いておいたけど、何年経っても
忘れることが出来ない忌まわしい震災。 あれ以降、かなりの失望、絶望があったけど、心を
立ち直して生きて来ました。健康体にはほど遠いが、ともかく全力で前に進める気力が戻った
ことに感謝をしております。
 70周年記念号の配達終了、重責だった町内会長職の終了、出口北町内会2掲示板の閉鎖、
株式関連の2掲示板、2ブログの閉鎖と全ての大仕事と縁を切ったが、まだまだやるべきこと
はあるだろう。 それが何なのか分からないけれど、残した「みんなの俳句日誌」を最後の砦
として進むことにします。
 
 

退会者

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 3月 1日(水)16時34分6秒
返信・引用
  本日 森さんの退会を正式に受理致しました。高齢により作句力のダウンです。  

作業完了!

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 2月27日(月)07時06分45秒
返信・引用
   関係者へ全て配送を終了しました。
   これから「作品展」への準備にとりかかります。
 

やれやれ

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 2月22日(水)17時39分50秒
返信・引用
   どうやら発送出来る段階にまで漕ぎ着けました。
 近い場所の会員には自宅へ配達 先程終わりました。
あとは遠方
 明日は春の嵐になるようですが、何とか発送したいと思っております。

    詠呟さんが首を長くして待っているでしょうからね。
       アイビーさんちは配達  終わりました。
 

ヒャ~~~~~

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 2月21日(火)18時03分30秒
返信・引用 編集済
   記念号の打ち込み、製本、印刷、装丁

  もう頭がおかしくなりそうだ。 なんせとんでもない量

これと格闘して3週間が過ぎたぞ!



 受け取ったらみんな感謝してくれるんだろうなあ~~
記念号はおそらくこれで最後になるだろうね。
 認知症で これからのことは保証できないよ。 句会で私がわけの分からないことを言うようになっても寛大な対処をして下さい。  今回の句会で
「 口 がろれつが回らないようになった」のが心配だ。

http://

 

ありがとうございました。

 投稿者:詠正  投稿日:2017年 2月16日(木)19時07分45秒
返信・引用
  鐵詠呟さん、アイビーさんの夫々の句 全部お受けいたしました。  

欠席投句

 投稿者:アイビー  投稿日:2017年 2月15日(水)20時40分15秒
返信・引用
  妻の母の法要のため、毎土曜日が潰れ、従って、句会も欠席となります。先月に続いての欠席ですが、止むを得ません。当日朝にでもお届けしますが、念のため下に掲げます。
欠席投句  新美達夫
首の無き身替り地蔵春寒し
朝日差す鈴鹿山系冴返る
節分の鬼愛すべき子煩悩
初午や初老といふも青年部
健さんのゐさうな酒場蛍烏賊
ジョギングの人に逢ひたり梅一輪
探梅の山近づけば普羅の句碑
美浜よりその朝採れの新若布
己が家を邪魔と追はれて木瓜の花
機械科に女生徒一人シクラメン
 

まえがきなど

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 2月15日(水)15時33分4秒
返信・引用
  俳句を始めたころ

平成18年の11月に妻が胃カメラの予約をしたから行けと言うので
仕方なく受診するとごく早期の胃がんだった。翌年3月に内視鏡で除去。
その頃に強硬に勧められこれも縁かと入会しました。なかなかに句にならぬ
まま家の周りをぐるぐる廻ってなんとか五七五にしていたころが懐かしい。
あのころは一所懸命だった。


終り

先日高所恐怖症の人のベンツで淡路へ行った。大橋へかおうかる前から
三車線の右レーンへ車線変更、横見はせず固くハンドルを握って運転していた。
海峡には大小さまざま船が行きかっていて天気も良く私にはいい眺めだった。
 それぞれの航跡ありて春の海

句会の10句

先の それぞれの航跡ありて春の海

 足鰭で光をたたき海女潜る

 観潮船雲の切れ間の日の中に

 操られ風をあやつり春の鳶

 麗かや野良猫に名をつけてみる

 春耕の畝の左へ曲がり行く

 もうすこし薄きが良きと春の雪

 渦潮も鳶も廻りて春の海

 降り立てば料峭裾を払い来る

 凍返る蛇口回すや力づく


 
 

遅々

 投稿者:詠呟  投稿日:2017年 2月15日(水)15時02分44秒
返信・引用
  遅くなってすみません
15句

 葉先より膨み落る春の雨

 立て札に山門不幸春の雪

 蒲公英の絮にほぐれし気分かな



 捨て切れぬものでありけり浮いて来い

 暫くは夕立興がる露天風呂

 草の葉へ蛍を帰す朝かな


 紅葉且つ散るも詮なき別れかな

 づかづかと勝手口より帰省の子

 叙勲とて恩師の名あり菊日和


 にこにこと風邪の具合を聞かれけり

 落ち葉ふむ子供に交り落葉ふむ

 語りたきことのあるかにマスクの眸

新年

 柏手を打ちて淑気の広がれり

 年新た嫁がぬ娘ふたり居て

 帰る子を送り穏やか三日かな

予備

渾身のバット空切り風光る

焼茄子ひとつ覚へと妻の言ふ

垣間見る眼元優しき風の盆

身構へて吹雪の街へ出でにけり

買い初めとなりし鞄や海渡る


 

レンタル掲示板
/15